週55時間働くことは致命的である可能性があります

WHOと国際労働機関の調査によると、2016年には、心臓発作と脳卒中による745,000人以上の死亡が過労によるものでした。

週55時間働くことは致命的である可能性があります

骨の折れる仕事が少なくとも週55時間の計時を意味する場合、それは実際にあなたを殺しているかもしれません。世界保健機関と国際労働機関からの新しい報告書は、通常とは異なる長時間労働のコストが実際の悪影響をどのようにもたらすかを示しています。

によると レポート 、2016年の結果に焦点を当てると、週55時間以上の労働の結果、398,000人が脳卒中で死亡し、347,000人が心臓病で死亡しました。グローバルスタディは、長時間労働の結果としての健康と生活の悪化を調査した最初のものです。

2000年から2016年の間に、過労は人の心臓病のリスクを42%増加させ、脳卒中のリスクを19%増加させました。通常の週35時間または40時間と比較して、55時間以上働いた場合、著者らは虚血性心疾患のリスクが17%増加し、脳卒中のリスクが35%増加すると推定しています。死亡は、男性、中年以上の従業員、および西太平洋と東南アジアの地域に住む人々でより顕著でした。



研究は、長時間労働が世界的に増加していると付け加えています。現在、全人口の9%が少なくとも55時間働いています。在宅勤務者が増え、人手不足を回避する企業が増えるにつれ、より多くの従業員が24時間体制を維持するというプレッシャーを感じています。 ファストカンパニー 2021年の従業員の関与について以前に報告された 調査 これは、回答者の半数以上が上司に生産的であるように見えることを心配しており、これらの回答者の44%が長時間労働によって補償したことを示しています。

WHOとILOの調査が示すように、離職率やその他の燃え尽き症候群に関連する症状(倦怠感やストレスなど)に加えて、長時間働くと寿命が短くなる可能性があります。

WHOの事務局長であるTedrosAdhanom Ghebreyesus博士は、プレスリリースで次のように述べています。脳卒中や心臓病のリスクに値する仕事はありません。政府、雇用主、労働者は、労働者の健康を保護するための制限について合意するために協力する必要があります。